マンガと植物と盗み聞き

休みにしていることや考えたことを振り返りつつ紹介しています。マンガを読んだり,盗み聞きしたり、

毎年去年の今頃は,こうなることを予想していなかったの連続

たまに一年前の自分は今の状態を予期していたかと振り返ることがある。今日は一人での車移動が長かったのでそんな振り返りをしていた。

 

 

結婚することになった。これが一番の変化だろう。それだけでも去年より数倍幸せである。お金のこととか転勤ののととか不確定要素が多いから心配な面もある。けれども仕事がなくなるわけではない。蓄えも多少はある。だから大丈夫。仕事が楽しい。やりたいことができる。これもいい変化である。打てば響くことばかりである。これも嬉しい。

変わったことの多くはいい変化だ。悪い変化は今の所ない。結婚を気に多少は親孝行的なこともできたし人間関係の面でもよくなっていることが多い。いい変化は少ないけれど大きいものばかりだ。

 

 

逆に悪いことは変わらないこと。

これは仕事をし出してからずっとそうなのだけれど何のために働いているのか,生きているのかよくわからない。学生時代は就職して安心したいとか経済的に安定したいことが念頭にあった。けれど自分なりにそれを達成すると次はどこへ向かえばいいのかよくわからなくなっていた。最初の数年は幸運にも周囲が世のため人のために頑張っていたのでその雰囲気にいい意味で飲み込まれて一生懸命頑張れた。少しは成果も出た。問題はその後だ。やる気のない環境下に身を置いて気づいてしまった。「あ,自分本来やる気をもってがんばるタイプじゃなかったわ。」そういうこと。

がんばりたくない。もちろん,直ちにがんばることをやめるわけではない。むしろがんばる。がんばらないとそのツケをあとで払わされるから。がんばり方はなんとなくわかるし,そこまで苦ではないから。けれどなんのためなんだろう。指導的立場になるため,大学で教えるため,海外で働くため,そうなったら幸せなのだろうか。きっと楽しいのだろう。でも幸せなのだろうか。ずっとそう思いながらもがんばるのだろうな。最近は今まで一番働くのが楽しい。

 

 

いずれにしても去年の今頃,こうなっていることを予想してはいなかった。毎年そうだ。毎年毎年意外な結末の連続だ。それだけ毎日毎日何かしらを積み上げているのだろう。正にせよ,負にせよ。来年の今頃はどうなっているのだろうか。少しでも目標が達成できているといいな。