マンガと植物と盗み聞き

休みにしていることや考えたことを振り返りつつ紹介しています。マンガを読んだり,盗み聞きしたり、

星空

時刻は5時30分。

先輩から「星撮りいかね。」と声をかけられました。

そこからびゅーんと出かけました。

 

 

9時には八ヶ岳のふもとに。寒い。とにかく寒い。スキーウェア+ホッカイロ+マフラーなのに寒い。でも,その甲斐あって久しぶりに満天の星空を眺めることができました。

 

 

さて,ここまではいつもよくある自然観察の旅。今日はここからが本番。星を撮るのが目的です。三脚を出して,リモートを出して,設定を変えてと。ホワイトバランスを蛍光灯にして,色味をビビッドにして,シャッター速度を10〜25に変えれば準備は万端です。しかし,この間もとても寒い。

 

 

よーし,撮るぞ!

 

 

 

っと思ったらなんと支度をする間に雲が広がってきてもう星空は何処へやら。せっかく来たのにここで終われない。うんうんいいながら待つことに。それでも月を撮りながら,寒い寒い言いながら頑張りました。

 

 

 

 

 

f:id:kusha12mi28:20161207022148j:plain

 

 

 

 

 

 

 

なんというか,おぞましい感じに。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kusha12mi28:20161207022229j:plain

 

 

 

なんかぼやけている感じに。

これはこれで好きですが。

 

 

色々な撮っているうちに気がついた。

「車の中で待ってればいいんじゃないか。」と。

暖房ってすごいですね。暖かい。とても暖かい。そんなことを思いつつタイミングを待って写真を撮りました。

 

 

 

 

 

 

f:id:kusha12mi28:20161210164329p:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:kusha12mi28:20161210164446p:plain

 

 

 

こんな感じで撮ってきました。行ってみて思ったことは星を撮ることは面白い。今まで花の写真しか撮ってこなかったけれど,星も撮りたいなって思いました。

 

 

理由は2つ。1つは割合お手頃。細かい設定いらずでそれなりに撮れる。難しいことを言わず構図を考えてパシャパシャ撮ればそれなりにできるのがいい。2つ目は肉眼でも美しい星空を見ることができる。

 

 

これは百聞は一見にしかずです。電柱や針葉樹を画面に入れて構図を楽しんだり,魚眼レンズなどレンズを変えてやって楽しんだりできるんだって。

 

 

とにかく,楽しかった。今はとても眠いけれど,思いがけず充実した日になりました。

 

 

思い出

今日はいい日だった。

いい日になるためには何かしら活動があることが必要。今日は色々なことをした。久しぶりに東京へ行ったし,温室で植物も見た,本を読んだ,やったことのない理科の実験もやったし,ウィンドウショッピングもした。

 

外に出ると何かしら発見がある。物でも人でも働きかければ何かしら返ってくることを実感した一日だった。今日の出来事は役には立たないし,細かいことは忘れてしまうかもしれない。でも,また一つ思い出ができた。それが嬉しい。

 

ある時,植物の調査をしていて,なんの成果もなく深山を歩き回るだけの日があった。その時,一緒にいた人が「また一つ思い出ができました。」と言った。その時とてつもなく,嬉しくあたたかい気持ちになった。

 

僕は作家でもないし,書いたもので稼いでいるわけじゃない。だから僕の思い出は価値を生み出さない。でも,いつか今日やあの日のことを思い出してあたたかい気持ちになれる。それはとても幸せなことだ。

雪山

朝,山へと出発しました。

山は散々登っているが,この時期はあまり登りません。

f:id:kusha12mi28:20161106211724j:image

 

 

 

どうしてかというと,寒いから。

f:id:kusha12mi28:20161106211709j:image

着いた直後は氷点下をマークしていました。

 

 

 

さっそく,こんなものを見かけました。

f:id:kusha12mi28:20161106211923j:image

 

 

 

 

さて,登っていくと雪景色でした。

f:id:kusha12mi28:20161106212005j:image

 

 

 

 

雪の中で食事。

f:id:kusha12mi28:20161106212037j:image

 

 

さて,ここからは内省。

スキーウェアで歩いていくととても愉快で楽しい気分になった。いつもは色々勉強しながらの山登りだが今日は完全に楽しむ山登り。

 

 

仕事でも目標が何だとか,何のためにそれをやるのかとか が重要視されている。しかし,時にはそんなものがなくてもいい。ないからこそいいのかもしれない。

 

 

 

なぜなら,目標がない方が気楽だから楽しめるし,なんのためか考えなくてよければ自由にできる。例えば,子どもの遊びもそうだ。目標なんてないけど子どもはサッカーに鉄棒に一輪車に夢中になる。でも,それが学習として取り組むものとなったらきっとそうではなくなる。

 

 

今日の山登りは完全に遊びだった。成果を求めない,ある意味無駄な時間。だからこそ楽しかった。

 

 

目標とか成果とかがないからいい。色々なことを手放して,度外視して取り組むところに濃密な楽しさがある。そんなことを思った。

金属の性質

「金属というものは、」ということを考えています。もしも,「金属って何?」って聞かれたら何と答えるでしょうか?

 

金属の特徴として簡単にあげると,

①金属光沢

②延展性

③熱伝導

④電気をよく通す

などがあります。

ミクロな視点では他にもあるんでしょうけど日常と関わりそうなマクロな視点だとこれくらいだと思います。

 

③④については温度を測ったり電気を通すか通さないかなので量的に判別しやすいですが,①②はどうでしょうか?光沢,かがやきや延展性,かたさは人によって捉え方が違うと質的な観点だと思います。

 

では,金属に光沢があることをどうやって共通の感覚として理解していくか。それは,錆びたり,汚れたりした金属を磨いて光沢を出させる体験を共有することだと思います。

 

光沢という性質は人によって捉えが変わりますが,磨けば光沢が出るという現象は同じものとして捉えられるのではないのでしょうか。

 

客観的に捉え辛い質的なものでも変化などの別の観点を加えて見ていくことでみんなが共通のものとして捉えられるのではないのかと思いました。